君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【匠晴の宿 心庵 宿泊記】一棟建て、露天風呂付のお宿で子連れに便利。「文」のお部屋紹介。

f:id:lily03:20201025054213p:plain

大分旅行2日目。
母と会ったあとは、今夜のお宿である「匠晴の宿 心庵」さんへ向かいました。

すべて一棟建てのスタイルで、それぞれ露天風呂が付いています。素泊まり専用のお宿なので、夕朝食は好きなものを食べられました。各部屋にレンジもお皿もカトラリーもあるので、乳幼児連れの宿泊には特に便利だと思います。

外観

f:id:lily03:20201025050755p:plain

こちらが「心庵」さん。別府駅まで徒歩10分くらいです。



こんな道を通って、お部屋へ向かいます。

f:id:lily03:20201025050924j:plain:w400



泊まるのは「文」です。

f:id:lily03:20201025053210j:plain:w400

一軒家に遊びに来たようです。


「文」はどんなお部屋か

カギを開けると、広い玄関が。

f:id:lily03:20201025053330p:plain:w400



正面左手に見える白い引き戸を開けると……

f:id:lily03:20201025053841j:plain:w400

階段が!


階段大好き!
2階行ってくる!

マンション住まいの息子が喜んで、意味もなく上り下りしていました。


一階は内風呂に露天風呂!

f:id:lily03:20201025094026p:plain

一階はこんなふうに、内風呂がどーんと。



プライバシーを守りたいときは、内風呂に続く窓にロールスクリーンが下ろせます。

f:id:lily03:20201025094249p:plain



内湯はこんな感じ。

f:id:lily03:20201025132552p:plain:w400


お風呂の温度は自由に調整できました

内湯も露天風呂も、源泉に通じる高温と低温の蛇口があり、家族の好みの湯温に調整できました。息子はあまり熱すぎると入れないので、ぬるめにしました。



内湯には洗い場があります。

f:id:lily03:20201025132529p:plain:w400



露天風呂はこんな感じ。2人が限度かな、というくらいの広さです。

f:id:lily03:20201025132623p:plain:w400



デスクスペース

f:id:lily03:20201025094343p:plain:w400



音楽プレーヤー。心庵さんのオリジナルCDも5枚くらいありました。

f:id:lily03:20201025131956j:plain

浴室スピーカーで再生できるので、お風呂に入りながら音楽を楽しむこともできます。

iPhoneとつなげて再生できると書いてありましたが、iPhone11の場合つないでも音がすごく小さくて浴室では聞こえませんでした。CDだと浴室でもよく聞こえました。

スピーカーの音量は固定で、調整できないようになっていました。自分にとって心地よい音楽も他人にとっては不愉快なものとなり得ます、という注意書きと、音量が調節できないようになっている旨の注意書きがありました。


お部屋のにおいについて

「文」は喫煙可能なお部屋ですが、心配していたタバコの香りは感じませんでした。お部屋にはお香のかおりがずっとしていました。大分から帰ってきて荷物を開けると、あの香りが漂ってきました。服に残っていたようです。


私は大好きな香りでしたが、夫は苦手だったみたい

お香が苦手な方は気を付けたほうがいいかも。



アメニティも充実

洗面台。

f:id:lily03:20201025105214p:plain

タオルウォーマーがありました。使用済みのタオルが乾くので、朝風呂も快適です。



ナイトウェアは作務衣です。

f:id:lily03:20201025105251p:plain
作務衣


f:id:lily03:20201025105353p:plain:w400


子供用の作務衣がとてもおしゃれでした



f:id:lily03:20201025105419p:plain
バスタオル
f:id:lily03:20201025105459p:plain
バスローブ
f:id:lily03:20201025105608p:plain
アメニティ

髪をまとめるヘアクリップとヘアゴム、ドクターシーラボの基礎化粧品トラベルパック、アフターシェーブローションなど、かゆいところに手が届くラインナップ。



子供用のアメニティもご用意いただきました。

f:id:lily03:20201027131911j:plain



ドライヤーにびっくり。

f:id:lily03:20201025105715p:plain

なんとダイソンのドライヤーです。
一度使ってみたかったんですよね。


一番強くしたら、コンタクトが飛ばされそうなくらいの強風

さすがダイソン。もちろん強さは調節できるので、快適な強さで髪を乾かせます。

お部屋に備えてあるもの一つ一つから、オーナーの方の美意識が感じられました。


2階はリビングスペース

f:id:lily03:20201025132429p:plain

足を伸ばしてテレビが見られます。テレビはAppleTVで、Netflixが見放題でした。



ベッド。

f:id:lily03:20201025132400p:plain

大きな木の台に2つ穴が開いており、それぞれマットレスがはまっているような形です。なのでベッドの位置は固定で、くっつけることはできません。ベッド同士の隙間は木の板です。


添い寝しにくい

これが唯一困った点でした。予約前に公式サイトで写真を拝見したときは、ベッドがくっついているように見えたんですよね。だから添い寝で予約したのですが、私の勘違いでした。公式サイトではセミダブル2台とありましたが、シングルベッド2台くらいの感覚です。一つのベッドに子供と二人はきつかったです。


我が家の場合は、子供も「寝具あり」で予約すべきでした

幼児(4~6歳)の宿泊料金は、寝具ありが5,500円、添い寝が2,750円です。乳児(0~3歳)だと、寝具あり5,500円、添い寝0円。小学生から大人と同額です。


お部屋での食事も快適

f:id:lily03:20201025132159j:plain:w400
レンジと冷蔵庫
f:id:lily03:20201025132240j:plain
食器類

レンジに冷蔵庫、食器類もあるので、お部屋で食事をとるのに便利です。お箸もあります。ティースプーンはありましたが、フォークはなかったように思います。

f:id:lily03:20201025132115j:plain
ネスプレッソ


2階にもトイレと洗面台があり、身支度に便利でした。


おわりに

お部屋にあるものすべてが最新式でおしゃれでした。作務衣やダイソンのドライヤーにいちいち感動してしまいました。オーナーの方のセンスなんだろうなと思います。

ふだんマンション住まいなので、子供が大喜びしていました。階段って子供の心を惹きつけるんですよね。

素泊まりのお宿なので、たとえば今ならgo to トラベルの地域共通クーポンを使って、別府のお食事を楽しむこともできると思います!