君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【東京ベイ潮見プリンスホテル宿泊記】ファミリールームには二段ベッドが! 家族4人で泊まれるホテル

f:id:lily03:20201113132010p:plain

満足度:★★★★★(5.0)

子供が泊まって楽しい都内のホテルを探していて……見つけましたよ。
二段ベッドの隠れ家感が子供を惹きつけるこのホテルは、東京ベイ潮見プリンスホテルです。

2020年9月にオープンしたばかりで、どこもピカピカ。ロビーもお部屋もスタイリッシュなホテルです。「ファミリールーム」は、シングルベッド2台に、二段ベッドが1つあるので、4人家族でも泊まれます。

ディズニーリゾートがある舞浜駅までは、京葉線で9分なので、ディズニーに行ったときにも使えそう。
今日はこのホテルを子連れ目線でレポします~。


ロビーの雰囲気が大好き!

潮見駅、初めて降りました。駅のまわりには飲食店が3つくらいあるだけで、静かです。

駅から1分ぐらい歩くと、ホテルが見えてきました。

f:id:lily03:20201113132551p:plain
ホテル外観

入って、びっくり。


ロビーが、スタイリッシュ!


f:id:lily03:20201113133033p:plain

f:id:lily03:20201113133108p:plain

f:id:lily03:20201113133215p:plain:w400



これはすてきな滞在になりそう!

差し色のピンクが好きです。クラシカルなホテルもいいですが、モダンなホテルもまたいいですよね。


チェックインの待ち時間はありませんでしたが、手続きには5分くらいかかりました。体調確認用のシートに記入したり体温を測ったり。エレベーターは6基あり、呼んだらすぐに来ました。

エレベーターに乗って7階へ。

f:id:lily03:20201113133738p:plain


ファミリールームってどんなところ?

今回予約したのは、ファミリールームです。

f:id:lily03:20201113133925p:plain

部屋に入って一番喜んだのは、息子でした。


二段ベッド嬉しい!

f:id:lily03:20201113143522p:plain

はしごじゃなくて階段なので、(無駄に)階段を上り下りして遊んでいました。


二段ベッドの上段はこんな感じ。

f:id:lily03:20201113143548p:plain

子どもの希望で、二段ベッドで私が添い寝して寝たのですが、意外と2人でも大丈夫でした。



ツインベッド。

f:id:lily03:20201114063654p:plain


最近できたホテルらしく、4つのベッドそれぞれにコンセントあり。
各自、充電しながら寝ることが可能



テレビは壁掛けです。テーブルとイスもかわいい。

f:id:lily03:20201113143859p:plain



テレビ右側の黄色いチェストを開けると……

f:id:lily03:20201113143932p:plain:w400

冷蔵庫が。

サービスのミネラルウォーターやマグカップは4人分でした。



紅茶(トワイニング)と緑茶のティーバッグ。

f:id:lily03:20201113144017p:plain:w400


コーヒーがないのは珍しい

他のプリンスホテル系のアメニティってどうだったっけ?と思い、このブログでレポしている宿泊記を見返してみました。

・品川プリンスホテル → 緑茶のみ
・東京プリンスホテル(クラブフロア)→ ドルチェグスト(コーヒー)+煎茶+ほうじ茶

というラインナップでした。ホテルによってカラーが出ますね。潮見プリンスの偉い方が紅茶好きなのかもしれません。



テーブルには、除菌ウェットシートと、4人分のマスクと、マスクケースがありました。

f:id:lily03:20201113143812p:plain



開業記念のオリジナルグッズもいただきました。

f:id:lily03:20201114072416p:plain:w400

ミニサイズのボトルです。


美しい洗面台&アメニティは4人分

f:id:lily03:20201114071608p:plain:w400


おしゃれだなあ



子ども用のステップもありました。

f:id:lily03:20201114071749p:plain



アメニティは4人分。子ども用歯ブラシはありませんでした。

f:id:lily03:20201114071932p:plain



4つのコップはそれぞれ色が違うので、自分の目印になります。

f:id:lily03:20201114071847p:plain



ナイトウェアはパジャマ。子ども用のサイズはありませんでした。

f:id:lily03:20201114071825p:plain



不織布ではなく、メッシュのスリッパでした。

f:id:lily03:20201114072117p:plain


なんと、バストイレ別!

ファミリールームは、バスとトイレが独立していました。子連れにはとても嬉しい。

f:id:lily03:20201113145453p:plain:w400

f:id:lily03:20201113145522p:plain:w400

子ども用のバスチェアまであります! 至れり尽くせり。


でも、我が家はこちらのお風呂を使いませんでした。このホテルには大浴場があるからです。大浴場の入り口にお部屋のカードキーをかざすとドアが開きます。ただし女湯に入るには特別なキーが必要で、チェックイン時にもらえます。

現在は開業記念キャンペーン中で無料ですが、ふつうは宿泊者でも大浴場の利用料金がかかるようです。脱衣所のロッカーは、スパなどによくある、バンド付きのカギタイプ。ロッカーの中にバスタオルとフェイスタオルが入っています。


何度お風呂に行っても新しいタオルが使えます



浴場近くの待ち合わせスペースもこんなにすてき。

f:id:lily03:20201113150008p:plain


ホテル内のキッズルームってどんなところ?

ホテルには1Fにキッズルームがあります。

f:id:lily03:20201113134512p:plain

f:id:lily03:20201113134517p:plain

f:id:lily03:20201113134539p:plain

f:id:lily03:20201113134446p:plain

置いてあるおもちゃを見ると、未就学児用だと思います。

靴のまま入って遊ぶスタイルでした。(追記)他の方の楽天トラベルの口コミに「入ったところに靴脱ぐようなスペースがありましたが、非常にわかりにくく張り紙もされていないため、土足で利用している人が多数で我が家は利用を躊躇いました」とあったので、このキッズルームは靴を脱いで遊ぶお部屋なのかもしれません。我が家も気づかず土足で利用してしまったうちの一人です。ああ、本当に申し訳ありません。

床はカーペットではなく、ヒールで歩くとコツコツ音がする硬い床です。段差はなく、ホテルのエントランスと地続きになっています(そのため土足OKだと勘違いしてしまいました)。一番奥にマット敷きのスペースがありますがとても狭く、子どもはすぐにマットから出てしまいそうです。


ハイハイやよちよち歩きの時期のお子さんは遊びにくいと思います

これから靴を脱ぐことが分かりやすいような案内がされたり、カーペットが敷かれたりするといいなあと思います。


子連れで泊まるには大満足のホテル

4人家族で、でも一部屋で泊まりたい、というときに、ファミリールームはとってもおすすめです。二段ベッドの特別感にワクワクします。上段ベッドにあがるのに、はしごじゃなくて階段が設置してあるのも大きなポイントで、息子が大喜びしていました。お部屋内のステップや子供用バスチェア、ホテル1Fのキッズルームなど、子連れに嬉しいサービスも充実しています。

潮見駅には観光スポットが何もないのですが、葛西臨海公園まで6分、ディズニーがある舞浜まで9分なので、レジャー利用もできそうです。

夕朝食付きのプランにしたので、お食事については次の記事で紹介します。