君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【庭のホテル 宿泊記】コロナ禍でも朝食がすばらしいホテル

f:id:lily03:20201119120509j:plain

満足度:★★★★☆(4.0)

母子二人で「庭のホテル」に泊まった記録です。
お部屋については前の記事でレポしていますので、今回は朝食についてです。

「庭のホテル」はふだんビュッフェ形式の朝食を提供していますが、コロナ禍のため現在はコースになっています。でもこの朝食が素晴らしかったんです! ビュッフェじゃなく、ずっとこの形式でもいいかも、と思ってしまうくらい。


このホテルに泊まる際は、朝食付きにするのがおすすめ


スタッフの方のすてきな対応

朝レストランに伺うと、2組ほど待っていました。

レストランの入り口にいた女性スタッフの方は、私たちを見ると、すぐにかがんで息子と目線を合わせてくれて、子どもに「お名前は?」と聞いてくれました。


……スバルです

そうしたらその女性は、手元のウェイティングリストに「スバルさま」と書いてくれました!
順番が来て呼ばれる際も、「スバルさま、どうぞ」と。

「庭のホテル」はどちらかというとビジネス向けで、ファミリー向けのリゾートホテルではないのですが、子どもを大切に扱ってくれたことが嬉しかったです。スバルは嬉しさ半分、気恥ずかしさ半分、といったところでした。


お食事をいただく前から好印象!


コロナ禍での朝食はどんなもの?

f:id:lily03:20201119125654j:plain
公式サイトより

フロントで伺いましたが、子ども用メニューはないとのことです。朝食付きで予約していた子どもにも、同じメニューが届きました。

卵料理は目玉焼き、フレンチトースト、エッグベネディクト、オムレツから選べます。

f:id:lily03:20201119120509j:plain
公式サイトより


実際の朝食

テーブルに着くと、リンゴジュースとお水を用意してくれました。ドリンクバーではなく、スタッフの方がサーブしてくれました。

カトラリーは1名分ずつ、紙のボックスに入っていました。

f:id:lily03:20201119130114j:plain:w400

f:id:lily03:20201119130314j:plain:w400



まずはヨーグルト。

f:id:lily03:20201119131330j:plain:w400

マーマレードが入っていておいしかったです。

息子はテーブルの高さが合わずちょっと食べにくそうでした。子ども椅子があるか聞いてみたら用意してくれました。



次にスープ、サラダ、フルーツ。

f:id:lily03:20201119131458j:plain

スープは具だくさんのコンソメだったと思います。

サラダは豪華でした。他のホテルと違い、生ハムやスモークサーモンまで。ドレッシングは、ドレッシングピッチャーに入って届きました。

フルーツは、食べやすいようにあらかじめカットしてくれていました。オレンジが特においしかったです。



そしてメイン。

f:id:lily03:20201119131938j:plain:w400

息子はフレンチトースト。アイス付きです。



私はエッグベネディクト。

f:id:lily03:20201119132035j:plain:w400


ナイフを入れたら、黄身がとろ~り。
おいしかった!


最後に紅茶も届きました。

タイミングよく席が空いていたため、窓際で食事をすることができました。大きな窓からホテルの中庭が見えて、朝からすてきな時間を過ごせました。



朝食があまりに良かったので、神戸出張中の夫にLINEで写真を送り、自慢しちゃいました。


いいホテル見つけたね。
俺も食べたい。
俺が泊まっているホテルの朝食と全然ちがう


いーでしょ。
今日も子育てがんばります

コロナ禍での朝食ビュッフェは、感染対策を充実させるために、品数が少なくなってしまっていることが多いです。「庭のホテル」はビュッフェをやめた代わりに、丁寧でおいしい朝食をコースで提供してくださっていました。これならビュッフェと満足度は変わらないんじゃないでしょうか。

今度は夫もつれて3人で泊まりたいと思います。