君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【ディズニーおみやげレビュー】「リゾートクルーザー・パネルレール」は男の子大満足のおもちゃだよ

f:id:lily03:20181230235631j:plain

ディズニーランドに行った際に、4歳の息子用に「ディズニーリゾートクルーザー・パネルレール」を買いました。

乗り物好きの子なら、間違いなく楽しんでくれるだろうなーというおもちゃです。息子もパネルを組み替えては遊んでいます。

こちらの商品を写真多めでレビューしていきたいと思います!


セットに入っているもの

f:id:lily03:20181231000750j:plain

こちらには、9枚のパネルと、リゾートクルーザー(単4電池1本使用)が一台付いています。



こちらがリゾートクルーザー。子供の手のひらにおさまるサイズです。

f:id:lily03:20181231001514j:plain

これだけでもすごくかわいいです。

リゾートクルーザーにはテスト用の電池が入っているので、たとえばパークで買って、宿泊ホテルですぐに開けて遊ぶなんてこともできます。


パネルをつなげるとこうなる

9枚のパネルをつなげてみました。

f:id:lily03:20181231000500j:plain

パネルは自由に組み替えできます。リゾートクルーザーの電源を入れたら、自分が作った線路の上をリゾートクルーザーが動いていくというおもちゃです。



リゾートクルーザーの底面には、自由に動く細い車輪みたいなものが一つ付いています。

f:id:lily03:20181231001655j:plain

この車輪がパネルの溝にはまるので、脱線せずに進むことができるようになっています。


パネルの組み替え例

パネルは9枚あり、自由に組み替えることができます。

箱の裏に書いてあったレイアウト例はこちら。

f:id:lily03:20181231002136j:plain



この組み替え、けっこう頭を使います。やってみたらわかるのですが、大人でも「うーん……」と考えるレベル。

4歳3ヶ月の息子は最初、道路がうまくつながらない組み方ばかりしていました。何度か失敗して、やっとコツをつかんだようです。それからはすべてのレールがつながるように組むことができるようになりました。

新しい形ができるたびに「ママ見て! また新しい組み方ができた!」と呼びに来ます。


パネルレールのサイズ感

プラレールと比べたらこんな感じです。

f:id:lily03:20181231002048j:plain

プラレール一周分のスペースで、複雑な道路を走らせることができます。レールがつながるように組むので、知育要素も入っています。

ただし道路のパネルが9枚しかありませんし、拡張用のパネルが別売されているわけでもないので、プラレールのような拡張性はありません。


他社商品との互換性

この商品と同じようなコンセプトのおもちゃは、他にも出ています。

家に「パネルワールド」というおもちゃがあるので、互換性があるか調べてみました。

f:id:lily03:20181231003530j:plain



まずはパネル。

f:id:lily03:20181231003029j:plain

左が「リゾートクルーザー・パネルレール」、右が「パネルワールド」です。パネルをはめるための凹凸部分の形がまったく違うので、はめることはできません。

パネルに互換性はありませんでしたが、電車は大丈夫でした。どちらの電車も走らせることができました。

リゾートクルーザーのパネルの上を中央線が走りましたし、パネルワールドのパネルの上をリゾートクルーザーが走りました。

息子は中央線も同時に走らせて遊んでいます。

f:id:lily03:20181231002252j:plain


価格、販売箇所

価格は2700円。販売店は以下のとおりです。
(2018年12月公式アプリ調べ。お出かけ前に公式アプリで在庫状況をご確認ください)

【ディズニーランド】
グランドエンポーリアム/トイ・ステーション

【ディズニーシー】
エンポーリオ/キス・デ・ガール・ファッション/スリーピーホエール・ショップ/マーメイドトレジャー

【パーク外】
ボン・ヴォヤージュ

そこまで重くはないですが、かさばるおもちゃではあります。持って帰るのはちょっと大変かも。その分、おみやげとして渡した時のインパクトは大きいと思います。


まとめ

ディズニーリゾートクルーザー、パネルレールについてまとめると以下の通りです。

・価格は2700円。ランドとシーの各ショップならびにボン・ヴォヤージュで購入可能
・パネル9枚、リゾートクルーザー1台、テスト用乾電池入り
・「パネルワールド」のおもちゃとパネルの互換性はないが、電車の互換性はある
・知育要素あり。乗り物好きの子におすすめ

息子は楽しそうに遊んでいます。広げたときも、保管するときも、プラレールより省スペースで済むのが助かっています。

パネルにはディズニーランドとディズニーシーが描かれているので、遊んでいるときに「またディズニー行きたい!」と言われるのが難点と言えば難点です。


ディズニーリゾートでは、パーク限定のプラレールやトミカも販売されています。特にトミカは種類が多くてかわいいので、どれを買おうか迷うところです。

おみやげ選び、楽しいですよね。みなさんもお気に入りのおみやげを見つけてみてください~!