君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

アンパンマン列車と坊ちゃん列車

f:id:lily03:20191116074710p:plain

琴平を出たあとは、アンパンマン列車に乗って松山へ、そして松山から坊ちゃん列車に乗って道後温泉へ向かいました。

アンパンマン列車は1号車(アンパンマンシート)が取れず、ふつうの座席になってしまいました。
1号車以外に乗るとどんな感じか、書いていきたいと思います。

また、坊ちゃん列車についてもレポします。
車掌さんのちょっとした観光案内付きで、楽しい移動になりました。


アンパンマン列車

ゆうゆうシートが取れなければ、ふつうの電車

アンパンマン列車です。
外観は全車両アンパンマンです。

f:id:lily03:20191116080314j:plain



でも2号車以降のシートは、本当に普通です。
青い座席に、ふつうのテーブル。

f:id:lily03:20191116080109j:plain



対する1号車のアンパンマンシートはこんな感じです。

f:id:lily03:20191118105125j:plain
公式HPより)

やはり1号車(アンパンマンシート)に乗らないと、この列車を満喫することはできないかもしれません。



ただ2号車でも、天井だけは、アンパンマンでした。

f:id:lily03:20191116075855j:plain:w400


松山駅には撮影スポットあり

松山駅には、アンパンマンの撮影スポットが二つありました。

f:id:lily03:20191118105432j:plain

f:id:lily03:20191116075902j:plain:w400

記念になるのでおすすめです~。


坊ちゃん電車

松山駅から道後温泉までは、坊ちゃん電車に乗りました。
クラシカルでかっこいいです。

f:id:lily03:20191116074702p:plain:w400


チケット売り場

チケットは、松山駅の観光案内所で購入しました。

売り場はこちら
坊っちゃん列車 | ご利用案内 | 伊予鉄


チケットです。

f:id:lily03:20191116075830j:plain


チケットがあると観覧車に無料で乗れる

坊っちゃん列車の乗車券があると、「いよてつ髙島屋大観覧車くるりん」の通常ゴンドラを無料で利用できるそうです。(シースルーゴンドラは別料金)

息子が乗りたがったので、松山駅からタクシーで高島屋に向かい、ゴンドラに乗ってきました。

f:id:lily03:20191116075819j:plain:w400

乗車時間は15分くらいかな。
ゴンドラの中から、市電が街を走る様子が見えます。

観覧車を降りた後、松山市駅から坊ちゃん電車に乗りました。


乗り場に行って驚いたこと

坊ちゃん列車は一部の繁忙期を除いて予約ができません。
乗り場に向かおうとすると、すでにたくさんの人が見えて驚きました。
これは次の電車に乗れないかもしれないと思いましたが、よく見るとみなさん、大きなカメラを片手にしています。

そうです。撮り鉄さんたちでした。

f:id:lily03:20191116075807j:plain

乗り場と書かれた場所には数人しかいませんでした。
対して、電車の正面にあたる柵がある場所には、二十人くらいの人がいました。


転回作業がみられる

坊ちゃん電車が入ってきたと思ったら、係員さんが下りて、人力で転回作業を始めました。
これが見たくて、みなさんカメラをかまえて待っていたようです。

f:id:lily03:20191116075757j:plain

なので、乗車時間のちょっと早めに行って見学するのがおすすめです。


いざ、乗車!

電車の中はこんな感じ。

f:id:lily03:20191116075712j:plain:w400


f:id:lily03:20191116075741j:plain


f:id:lily03:20191116075728j:plain:w400


車掌さんがちょっとした観光案内をしてくれます。
記念撮影にも気軽に応じていらっしゃいました。

松山市駅から道後温泉までは約20分です。
車両がコンパクトで、他のお客さんたちとも距離が近いです。
「どこからいらしたんですか」など世間話をしつつ、坊ちゃん列車での移動を楽しみました。

さて、これから温泉巡りです♪


★今回の旅のスケジュールはこちら
travel.lilyblog02.net

【年少 4歳6か月】