君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

4歳子連れで泊まった、水上高原ホテル200宿泊レポ(アクティビティ編)

f:id:lily03:20200120130807j:plain

2019年GWに、水上高原ホテル200(トゥーハンドレッド)に宿泊してきました。

前回はお部屋を紹介したので、今回は子連れでどのように遊べるか、たっぷりレポしたいと思います!


とにかくたくさん遊べる! 13個のアクティビティ

f:id:lily03:20200120125622j:plain:w400

①カートドライブ(2,500円/一台)
②グラウンドゴルフ(1回8H 540円)
③スナッグゴルフ(1回5H 540円)
④ディスクゴルフ(1回9H 540円)
⑤ファミリースクエア(一日540円)
 バトミントン、バレーボール、フラフ―プ、エアスライダー、フリスビーなど
⑥ドライビングレンジ(10球100円)
⑦フリーエリア
 ブランコ、ハンモックなど
⑧テニス(ハードコート1H 1,620円)
⑨ストライダー(宿泊者無料)
⑩須原トレッキングコース
⑪白樺林の散策路
⑫フォレストジップライン(1回 3,600円)
⑬ツリートレッキング(子供一回1,080円)

私たちは4歳の子と、④ディスクゴルフ、⑤ファミリースクエア、⑦フリーエリア、⑧テニス、⑨ストライダー、⑬ツリートレッキングを利用しました。
詳細は後述します。



ちびっこおすすめアクティビティの一覧です。
年齢別に整理されているので計画を立てるときに便利です。

f:id:lily03:20200120125651j:plain


ディスクゴルフ

f:id:lily03:20200120131357j:plain:w400

フライングディスクを投げて、バスケット型のコースのゴールに、何投で入れられるかを競うものです。

簡単そうに見えますが、けっこう難易度が高いです。4歳だと、ゴールまで数メートルぐらいの距離からでないと入りません。

そのため、ゴールを狙う本来の遊び方ではなく、夫が投げてそれを息子がキャッチするという、原始的な遊び方をしました。息子はキャーキャー言って楽しそうでした。4歳だと、遠くにディスクを投げても、疲れるとか言わずに、楽しそうに走って取りに行くんですよね。かわいかったです。

限られた時間でたくさんのアクティビティをしたいなら、優先順位は下がるかなと思います。


ファミリースクエア

f:id:lily03:20200120131949j:plain

こんな感じで、広い敷地内に遊具が点々と。写真奥の茶色い小屋に一人係の方がいて、バドミントンなどを貸し出してくれました。


フリーエリア

休憩スペースやブランコがあります。

f:id:lily03:20200120132122j:plain



足湯もありました。(貸しタオルはなし)

f:id:lily03:20200120132115j:plain



ハンモックです。

f:id:lily03:20200120132140j:plain:w400



テニス

f:id:lily03:20200120132520j:plain

息子は球拾い要員として大活躍してくれました。

フライングディスク同様、本当に嬉しそうにボールを拾ってきてくれるんですよね。ぶんぶん揺れるしっぽが見えるようでした。息子本人はすごく楽しかったようです。


ストライダー

GWだと雪の関係で、専用コースではなく臨時コースでした。
こんなに景色がいいところでストライダーに乗るのは初めて!

f:id:lily03:20200120130807j:plain

ストライダーに乗れる子ならぜひ。


ツリートレッキング

やってよかったアクティビティです。
アクティビティカウンターで予約が必要です。
子供だけ参加して、親は応援という形でも大丈夫でした。

こんなふうにハーネスをつけて、アトラクションをクリアしていきます。

f:id:lily03:20200120132814j:plain



最後はジップラインで滑走しながら降りてきます。

f:id:lily03:20200120132834j:plain

すごく楽しかったようで、もう一回やりたい!と言うのをなだめるのが大変でした。。。
(料金は一回あたり1,080円)


ホテル内のアクティビティはまだまだある

上に紹介したパンフレット以外にも、アクティビティはたくさんありました。

f:id:lily03:20200120125612j:plain:w400

・星いっぱい鑑賞会
・お子様名刺でプチ社会体験
・わくわくぼうけんMAP

すべて無料です。ここぞとばかりに、我が家は全部体験しました。


星いっぱい鑑賞会

これは天候が許せば参加するのがおすすめです。
私はこの鑑賞会が、滞在中で一番心に残った体験でした。

ロビーに集合し、星がよく見える場所までみんなで歩いていきます。
着いた場所は、円形のステージのようになっており、木々がぐるっと周りを取り囲んでいます。空を見上げると、ほんとうに360度、都会では絶対に見られない、明るい星空が広がっていました。

天然のプラネタリウムを見ながら、スタッフの方が星空の生解説をしてくれます。レーザーを使いながらの解説なので、いまどの星のことを言っているのがよくわかりました。移動を含め、所要時間は30分くらいです。

ただしGWだと夜はすごく冷えて寒かったので、ストールなどあれば持っていくといいと思います。


お子様名刺でプチ社会体験

ホテルのスタッフの方に「名刺ください」と言えば、名刺がもらえます。知らない人に思い切って話しかけて会話をするのは、結構勇気がいりますよね。息子も最初の方は恥ずかしがっていましたが、だんだん慣れてきました。

いただいた名刺にはイスマークが描かれています。ふつうのスタッフの方の名刺はイスマークが一つですが、地位が上がるにしたがって、イスマークが増えていきます。

息子は名刺を10枚集めました。そのうちイスマーク1つの名刺は8枚。イスマーク2つが1枚、イスマーク3つ(!)が一枚でした。

イスマーク2つの方は、星空解説をしてくださった方でした。
イスマーク3つの方は、前回の記事で「できる人」と称したレストランのまとめ役の方でした。

なんでしょう、レアカードを探すようなワクワク感がありました。

イスマークが10枚集まったら、ホテルのインフォメーションに行くと、宝箱から好きなお菓子がもらえます!

f:id:lily03:20200120134350j:plain

子供の前で宝箱を開けてくれました。


わくわくぼうけんマップ

f:id:lily03:20200120134542j:plain

謎解きマップです。ホテルの敷地を歩いてキーワードを探します。

敷地のどこかに隠された一文字を見つけるだけなので、子供でも参加できます。
そのキーワードがわかったら、示された場所に行きます。

かなり楽しかったです!
謎が解けたら、また宝箱からお菓子がもらえました。


ハイシーズンは縁日も

宴会場の一つが、縁日会場になっていました。
息子はスーパーボールすくいにチャレンジ。

f:id:lily03:20200120134914j:plain



キッズルームにはゲームコーナーがありました。

f:id:lily03:20200120135007j:plain


子供が生き生きするホテル

これまでご紹介してきたように、このホテルには遊びの選択肢がたくさんあります。

【個人的な、おすすめの体験ベスト5」
1位 星空観賞会
2位 ツリートレッキング
3位 わくわくぼうけんマップ
4位 お子様名刺でプチ社会体験
5位 ストライダー

ただし1位の星空観賞会は、子供が未就園児だと止めたほうがいいかもしれません。寝かしつけの時間とかぶるし、寒いし、暗い道を歩きます。また真冬はきっと凍えるような寒さになると思います。ただ、とても素敵な会だったので、条件が許せばぜひ参加してみてください♪

これだけたくさん遊べるので、きっと楽しい滞在になると思いますよー!

次回はホテルの帰りに寄った「サンドブラスト」体験について書きます。