君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【黒川温泉】日帰り入浴するなら「山みず木」さんが一番おすすめ

f:id:lily03:20170828181929j:plain

満足度:★★★★☆(4.0)

これから6回に分けて、夏に大分に帰省した際に出かけた、「宮崎・大分・熊本」のスポットを紹介したいと思います。よろしければお付き合いください~。

熊本県の黒川温泉は、私の大好きな温泉地です。風情があって、湯めぐりできる場所が豊富です。入湯手形(1,300円)を買えば、約30軒の旅館のうち、3湯まで入浴できます。

これまで何度か行きましたが、今回行った「山みず木」さんのお風呂が一番良かったです。湯めぐりするならまず「山みず木」さんを候補に入れることをおすすめします。

どんなところだったか、レポしていきます~。


山みず木の日帰り入浴

混むので早めの利用がおすすめ

黒川温泉の中心部からは少し離れています。車がおすすめです。

駐車場はこちら。宿泊者駐車場より手前にあります。

f:id:lily03:20170828181933j:plain

日帰り客専用の駐車場は10台分くらいしかありませんので、早めに行くのがおすすめです。旅館まで数分歩きます。


受付は井野家さんで

日帰り入浴の受付は旅館フロントではなく、井野家さんで行います。(夜の時間帯はフロント)

f:id:lily03:20170828181903j:plain:w400



井野家さんはこんな建物です。

f:id:lily03:20170828181929j:plain

中に入って、日帰り入浴料500円を支払います。入湯手形も使えます。フェイスタオルは販売のみで一枚300円だったかな?

受付が済んだら、井野家さんの中を通り抜け、お風呂に向かいます。このとき気を付けたいのが、貴重品の管理。浴場の脱衣所には鍵がかかりません。貴重品を井野家さんのロッカーに入れてから、温泉に向かってください。


いざ、入浴

日帰り入浴の利用者は、露天風呂のみの利用です。

お風呂はこんな感じ!

f:id:lily03:20170828181856j:plain
(公式HPより)

川が見えて解放感があり、とーってもいい感じです。この写真よりも実物の方がいいです。塀や生垣ではなく天然の景色に囲まれた露天風呂で、すごく気持ちが良かったです。

最初入るときは少し熱めに感じましたが、慣れました。洗い場はないのでご注意ください。


メイクルームもあり

井野家さんの近くにメイクルームがあります。一つの建物になっていて、靴を脱いで上がる形です。

中には3つの鏡台があります。化粧水などはありません。ドライヤーは備え付けてあります。一方、脱衣所にはドライヤーがありません。身支度やお化粧はこのお部屋ですることになると思います。

f:id:lily03:20170828181920j:plain


まとめ

黒川温泉の中心部からは少し離れていますが、野趣あふれる露天風呂がお好きな方ならおすすめです。日帰り入浴料は500円。天気がよければ最高のお風呂になるはずです!


おまけ:黒川温泉で貸切風呂でおすすめなのはどこか

黒川温泉の日帰り入浴だと「山みず木」さんがおすすめだと書きましたが、貸切風呂に入りたい場合は「流憩園」さんがおすすめです

こちらはとにかく広いです。こんなお風呂、貸切でいいの? と驚きます。入湯料は500円でした。

f:id:lily03:20160623133757j:plain:w400


今回の旅では、「耕きちの湯」さんで貸し切り風呂にも入りました。流憩園さんのことを知らなければ十分満足できるお風呂だったのに、少し物足りなく思ってしまいました。

「耕きちの湯」さんの貸切風呂はこんな感じでした。

f:id:lily03:20170828181924j:plain

f:id:lily03:20170828181916j:plain

流憩園さんのお風呂へは長い階段を下りていかないといけないので、足が悪い人がいるなら「耕きちの湯」さんの方がいいかなと思います。


流憩園さんのお風呂に入ったときの記事はこちら:

travel.lilyblog02.net


★今回の記事で話題にしたお宿はこちら:
黒川温泉 山あいの宿 山みず木(楽天トラベル)
田の原温泉 旅館 流憩園(楽天トラベル)