君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【子連れ香港旅行記10】SKY100は、夜景撮影にはおすすめしない

f:id:lily03:20180314104238j:plain

満足度:★★☆☆☆(2.0)

一度ホテルで休んだあと、香港の夜景を見にSKY100に出かけました。100階建ての高層ビルで、展望台からは360度のビューを楽しむことができます。

香港の夜景撮影というとヴィクトリア・ピークが最も有名ですが、夜のトラムは激混みです。子連れでアタックするにはきついです。そこで、ヴィクトリア・ピークには朝の空いている時間に行き、夜はSKY100に行くことにしました。

ただし実際に訪れた感想はですね……夜景撮影が目的ならSKY100は向いていないと思いました。その理由を書いていきます。


SKY100は屋内型の展望台

SKY100の展望台は、屋内にあります。ガラス貼りです。外に出ることはできません。

そのため、夜景を撮影しようとすると、こうなります。

f:id:lily03:20180314110402j:plain

ああ~残念!

ガラスに、室内の様子が写り込んでしまいます。



カメラをできるだけガラスに近づけて撮っても、こんな感じ。

f:id:lily03:20180314110455j:plain

暗幕持参じゃないと上手に撮れないかもしれません。。。



ヴィクトリア・ピークの展望台(獅子亭展望台とスカイテラス428)はどちらも、屋外にあります。そのため映り込みを気にせず写真が撮影できます。写真撮影が目的なら、ヴィクトリア・ピークの方がおすすめです。



カフェもあるよ

展望台の中にはリッツカールトンのカフェもありました。

f:id:lily03:20180314110139j:plain




ソフトクリームを買って食べました♪ チョコ、濃厚でおいしかったです。

f:id:lily03:20180314110314j:plain


その日はパーシャルビューだった

チケットを買うときにアナウンスがあったのですが、その日はイベントのため一部の眺望が遮られているとのこと。結婚式のウェルカムボードがあったので、おそらく二次会が行われていたのでしょう。

おわびとして、「お菓子引換券」がもらえました。

f:id:lily03:20180314105408j:plain

展望台のおみやげコーナーにあるお菓子から、好きなものを選べました。もらったのは、プチサイズのポテトチップスです(笑) ありがたくいただきました~。

行かれる前には念のため、公式サイトのスケジュールを確認されるのをおすすめします。

sky100 Opening Hours | sky100 Hong Kong Observation Deck

この「Special Arrangement」のところに、
16 Mar 2018 12:00 – 22:30 Half Deck (North & East) Temporarily Close
……とあれば、2018年3月16日の12:00 – 22:30は、北と東のエリアの眺望が楽しめないということです。


まとめ

SKY100の展望台は屋内にあるので、雨が降っている日でも、暑い日でも、快適に眺望を楽しめます。ただし屋内にあるがゆえに、夜景撮影のときは室内が写り込んでしまいます。

夜景撮影が目的なら、SKY100よりもヴィクトリア・ピークのほうがいいと思います!

f:id:lily03:20180314105914j:plain


※香港旅行記のスケジュール・目次はこちら※
全部で19記事予定。各記事のタイトルにリンクが貼ってあります。
travel.lilyblog02.net