読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【子連れ沖縄旅行記11】オクマのビーチで子供とお散歩

f:id:lily03:20160619154444j:plain

私たちが沖縄に行ったのはオフシーズンの3月上旬でした。

泳ぐにはまだ早いですが、沖縄まで来たからにはビーチに行かなきゃね!
部屋でのんびりしていたら少し晴れ間が見えてきたので、息子を連れてお散歩することにしました。

(本記事の写真は、早朝に撮ったものとお昼前に撮ったものが混在しています。晴れているほうがお昼です)

まずはビーチサンダルを購入

オフシーズンだったため、出発前に息子用のビーチサンダルが手に入りませんでした。ホテルの売店に行けばあるんじゃないかと思っていましたが、やっぱりありましたよ!


ホテルに売店は二つあります。おみやげ中心のブーゲンビリアと、水着などの衣料品中心のプルメリアです。ビーチサンダルはプルメリアにありました。オフシーズンに出かける方はホテルで買ってもいいかも。

買ったのは、Ipanema(イパネマ)のサンダルです。サイズも13cmからあって、2,000円でした。ノークリーニングにしてゲットした売店利用券1,000円を使えたので、半額になりました♪

f:id:lily03:20160619154501j:plain

かわいい♪

ただ、息子に試着させるとすごい勢いで泣き始めてしまって、なんだか嫌な予感が。。。
急いで購入してお店を出て、そのままビーチに向かいました。


プライベートビーチ

ホテルのプライベートビーチです。

f:id:lily03:20160619154441j:plain

基本的に宿泊客のみに開放されているビーチです。海がとても綺麗です。



沖縄に来た!っていう感じがします。

f:id:lily03:20160619154442j:plain



こんな素敵なビーチで、息子はどうしているかというと…



f:id:lily03:20160620164457j:plain:w450

ぎゃあああ?。

泣いております。。。



ビーチに行く途中、サンダルを嫌がって脱いでしまいました。ということで裸足です。

道に叩きつけられたサンダルを拾いながら、どっと疲れが。ここで買う必要なかった。。。

結局、サンダルを履いていたのは30秒くらいでした。荷物が増えただけでした。

息子、靴を履くのは大好きなんですけどね。サンダルのオープンさが嫌なのかな。足が空気にさらされる感じとか。




気を取り直して、夫が抱っこで散歩しました。でも、少しでも砂に下ろすと、ギャー! です。

f:id:lily03:20160620164534j:plain:w450

もともと砂場を嫌がる傾向があったのですが、この綺麗な海を目の前にしてもダメだったようです。



こどもチャレンジのお砂場セットも、出番なしでした。


f:id:lily03:20160620164608j:plain

残念!


ビーチまわりの施設

ビーチサイドにはカフェもあります。(ただし3月は営業していませんでした)

f:id:lily03:20160619154445j:plain



中からはこんな景色が見られます。

f:id:lily03:20160619154502j:plain


オクマのシンボル、幸せの鐘

f:id:lily03:20160619154443j:plain:w450




結婚式を挙げられる教会。ガラスのバージンロードがあるそうです。

f:id:lily03:20160619154447j:plain



ガーデンプールもあります。(3月はクローズ)

f:id:lily03:20160619154439j:plain



子供用プール(水深50cm)もあるそうです。アームヘルパーの貸出もあり。

f:id:lily03:20160619154440j:plain


* * *


沖縄に行ったのに、ビーチのお散歩すら嫌がる息子。
本格的な夏がくるまえに、なんとか海と砂嫌いを克服したいなあ…。

夫は「それじゃ女の子にもてないぞ!」と言ってます。いつもこんなこと言ってるんですこの人。 

ご機嫌斜めになってしまった息子の気晴らしに、ホテルの外に出かけることにします!


プライベートリゾートオクマ関連の記事はこちら:
lilytravel.hateblo.jp
lilytravel.hateblo.jp
lilytravel.hateblo.jp
lilytravel.hateblo.jp