読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【高崎山動物園】おサルさんたちの恋のシーズン〈別府〉

f:id:lily03:20160625152002j:plain

満足度:★★★★☆(4.0)

高崎山動物園は、大分県別府市にあります。動物園と名がついていますが、サルしかいません

ここでは、野生のサルを自然な状態で観察することができます。檻がないので、自分の足のすぐ横をサルが走って行ったりします。

年末に行くと、ちょうど恋のシーズンでした。あちこちで興味深い人間模様が見られました!


三角関係のサル

例えば、この3匹のサル。三角関係にあります。

f:id:lily03:20160625152007j:plain

オスザルは、左にいるメスザル(子持ち)のことが好きなんだそうです。メスザルもまんざらでもない様子。

ただ、元彼女のサルはオスのことが忘れられません。振られてもそばで見ていたいという女心なのか、微妙な距離でオスの近くにいるそうです。なんだか切ないですね。


一方通行のサル

別のオスザル(その群れのNo.3だったかな)が、あるメスザルを追いかけ回していました。オスザルはそのメスのことが好きで好きでたまらないみたいです。でもメスはそのオスが嫌で嫌で、いつも逃げ回っています。飼育員さん曰く、家族にも反対されているそうです。

そのメスの頭のいいところは、彼に追いかけ回されたら、そのオスよりも高い地位のオスザルのところに逃げるところ。サル社会は序列がはっきりしているので、自分よりも高い地位のオスに逆らうことができません。そういうときは、すごすごと背を向けるそうです。


赤ちゃんザル

赤ちゃんザルもたくさんいました。

f:id:lily03:20160625152009j:plain


しっぽがかわいい。

f:id:lily03:20160625152008j:plain



毛づくろいされている方が親なのかな。子ザルがくっついています。

f:id:lily03:20160625152001j:plain:w450



私が行ったときには会えませんでしたが、高崎山には「カラオケ」という名の母親ザルがいます。この母ザルは2匹の子ザルを育てています。一匹は自分の子で、もう一匹は別のサルに育児放棄された子なんだそうです。

カラオケ、きっと優しいサルなんでしょうね。母に見放されてしまった子を放っておけなかったんでしょう。自分の子と一緒に育てているそうです。サルの社会でも、いろいろあります。



こちらは別の母ザル。おっぱいをあげています。

f:id:lily03:20160625152004j:plain:w450



ぎゅーっ!

f:id:lily03:20160625152006j:plain:w450



ぎゅぎゅーーっ!

f:id:lily03:20160625152003j:plain:w450


一人前になるまではお母さんのそばを離れず、いっぱい愛情をもらってね〜。

f:id:lily03:20160625152000j:plain:w450


人間の親子

さて、話は変わって人間の親子です。

高崎山の駐車場の横に、子供が思い切り走り回れる広〜いスペースがあります。車に戻る前に寄り道しました。

f:id:lily03:20160625152010j:plain

「こっちへおいで〜」


がに股で一生懸命パパのほうへ向かいます。

f:id:lily03:20160625152012j:plain:w450

無事たどり着いたら、夫にぎゅーっと抱きついていました。

微笑ましいなと思って見ていたら、くるっと方向転換して私の方へ戻ってきました。「やっぱりママがいいのね〜」なんて喜んで抱きしめたのもつかの間、すぐに方向転換して夫の方へトコトコ…。

結局、私と夫の間を何往復もしました。


君もいっぱい両親から愛情もらってね♪

f:id:lily03:20160625152011j:plain:w450
Down Jacket: COMME CA ISM(80)
Red Pants: H&M(12-18M)

高崎山動物園へのアクセス方法

(訪問当時の情報です)
入場料大人 510円
高校生 510円
中学生、小学生 250円
園児以下無料
営業時間8:30〜17:00(入園は16:30まで)
交通アクセス大分駅から車で20分くらい
詳細は公式HP(アクセス)参照
個人的満足度★★★★☆(4.0)
(+)自然のサルが見られる
(+)飼育員さんのお話が面白い
(−)野外なので寒い
※駐車場は水族館「うみたまご」と共通で、一日410円です。
高崎山のエサやり場までは階段を上ることになりますが、スロープがあるのでベビーカーでも行けます。(ただし急坂)