君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【子連れ台湾旅行記02】子連れで初めての出国審査

f:id:lily03:20161005210840j:plain

昔、夫婦で台湾に行ったことがありますが、子連れで行くのは初めてです。というより、子連れで海外に行くこと自体初めてです。2歳になったばかりの息子の手を引き、ドキドキしながら成田空港を移動しました。

航空会社カウンターでのチェックイン → セキュリティチェック → 出国審査 の流れについて、子連れならではの体験談を書いていきたいと思います。


カウンターでのチェックイン時、ベビーカーをゲートユースにしてもらおう

仕事を終えた夫と空港で合流できたので、エバー空港のカウンターでチェックイン手続きをしました。

スーツケースと一緒にベビーカーを預けるとき、「飛行機を降りたらすぐお使いになりますか?」と聞かれました。「じゃあ…」なんて言ってお願いしたのですが、これが正解でした。

国際線の場合、飛行機を降りてから手荷物受取場に進むまで、だいたい30~40分くらいかかります。途中で入国審査があるからです。

たいていの場合、入国審査待ちで長い列ができています。その間ずっと抱っこしなければいけないのは、本当につらいです。長旅のあとで疲れていますしね。子供が眠っている場合はなおさらです。だから子連れの場合は遠慮なく、チェックイン手続きのときにベビーカーのゲートユースをお願いしちゃいましょう

エバー航空でゲートユースをお願いした場合は、飛行機を降りて灰色の細い道(正式名称はパッセンジャー・ボーディングブリッジ)を進み、空港ターミナルのビルに入る直前に「Baby Stroller Pickup」と書かれたピンクの看板があります。そこで待っていると預けたベビーカーを持ってきてくれます。ベビーカーは和製英語で、正しくはbaby stroller(ベイビー ストローラー)です。


セキュリティチェック時は子供の飲み物に注意

航空会社のカウンターで荷物を預けた後は、国際線出発口に向かいます。ここで手荷物をX線検査に通し、自分は金属探知機のゲートを通ります。

ご存じの方も多いと思いますが、機内への液体類の持ち込みは制限されています。ここで問題になるのが、子供用の飲み物。離陸時に耳抜きを促すために飲み物が必要になるので、何かしら持ち込みたいところです。

今回の旅では、出国手続き後に自販機でペットボトルを購入しました。これだと自由に持ち込めます。2歳0ヶ月の息子はペットボトルから直接飲めるので、ストローマグは持っていきませんでした。

でも幼児を同伴する場合、中身入りのストローマグを持ち込んでも大丈夫そうです。

国土交通省の「量的制限の対象となる液体物のリスト」の4ページ目を見ると、「乳児用離乳食、乳児用飲料(乳児用のほうじ茶、乳幼児用スポーツドリンク、妊産婦用栄養ドリンク、妊婦用ゼリー)」が乳幼児同伴の場合に限り持ち込み可であることが分かります。ただし検査員への申告が必要だそうです。

私は国内線に乗ったときにストローマグを持ち込んだことがあります。セキュリティチェックの際にはバッグから出し、カゴに入れてベルトコンベアに乗せました。そうすると係員の人に「チェックしたいのでふたを開けてください」と言われました。

マグのふたを開けて渡すと、においをかがれます。それでOKだったらそのまま持ち込めます。おそらく国際線の場合も似たような手続きを踏むのだと思います。

ちなみに、マグの中身のにおいをチェックしてもらうときは、蓋自体を取り外して渡しました。ストローの先からでは、においが分かりづらいためです。

乳幼児用グッズの機内持ち込みについては、成田空港公式サイトのQ&Aも参考になさってください。
【成田空港】幼児関連とおもちゃに関するご質問


幼児はベビーカーに乗ったまま金属探知機のゲートを通れる

私はチェックイン時に自分のベビーカーを預けて空港用のベビーカーを借り、息子を乗せていました。金属製のベビーカーに乗って金属探知機のゲートを通過すると、必ず音が鳴ります。

そうすると職員の方に「ボディチェックをさせてください」と言われます。私が頷くと、手袋をはめた手で子供の体をチェックされます。問題なければそのまま通過できます。


出国審査では子供もパスポートとの顔写真照合あり

出国審査は私と息子で一緒に行きました。二人分のパスポートを入国管理官に渡してチェックを受けます。パスポートの顔写真と照合があるので、子供は必ず抱っこして、顔を管理官の方に向かせるようにします。 

なぜ抱っこする必要があるかというと、管理官からは低い位置が見えないからです。

f:id:lily03:20161006014702j:plain
(成田空港のHPよりお借りしました。出国審査場での写真撮影は禁じられています)


照合が済み、息子のパスポートにも無事スタンプが押されました。

f:id:lily03:20161005210554j:plain
(写真は帰国後に撮ったもの)


おまけ・出国手続き前に子供を遊ばせる場所

手続きの流れは以上ですが、早めに空港についたときに、子供を遊ばせる場所を頭に入れておくと便利です。

成田空港第一ターミナル・展望室で飛行機見学

展望室は最上階の5Fにあります。

f:id:lily03:20161005202152j:plain


2歳0ヶ月の息子の身長でも、ちゃんと見えます。

f:id:lily03:20161005202158j:plain:w400


成田空港第一ターミナル・キッズパーク

5Fには子供が遊べるスペースがあります。出国前に行くならここです。

f:id:lily03:20161005202204j:plain

真ん中に滑り台。それ以外のおもちゃは、ボブルス(動物の形をしたクッション)だけです。長居はしづらいかも。

上の写真のキッズパークの位置はこちら

出国手続き後でも利用できるところがあります。
そのほかのキッズパークの位置はこちら

* * *

初めての子連れ海外は緊張しますが、上記の流れを念頭において、パスポートさえ忘れていなければ何とかなります!(笑) これから出かけられる方の参考になると嬉しいです。


※台湾旅行記の目次はこちら※
全部で20記事予定。各記事のタイトルにリンクが貼ってあります。
lilytravel.hateblo.jp