読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

子連れで搭乗した際にもらえるおもちゃのまとめ(ANA、JAL、ソラシドエア)

f:id:lily03:20160809135736j:plain

実家が飛行機の距離にあるため、息子を連れて搭乗することがよくあります。子連れで飛行機に乗ると、嬉しいことにCAさんからおもちゃがもらえます♪ このおもちゃ、各航空会社が趣向をこらしていてなかなか面白いです。

今日は、もらったおもちゃを航空会社別に紹介したいと思います。
(2015年~2017年に搭乗した際の記録なので、今後変更になる可能性があります)


JAL

沖縄に行った際、行きの便と帰りの便でもらったおもちゃを紹介します。

飛行機の模型(2016年3月 羽田ー沖縄便)

f:id:lily03:20160809135747j:plain

JALを利用した際にもらった、飛行機の模型です。ネジやテープは必要ないので、機内でも作れます。部品をはめ込んで組み立てる感じです。



完成。

f:id:lily03:20160809135745j:plain

プラスチック製なのですごく軽いです。でも良くできてます。



大きさが比較できるよう、トミカを置いてみました。

f:id:lily03:20160809135746j:plain

飛行機を降りても楽しめるおもちゃです♪


シールブック(2016年3月 羽田ー沖縄便)

f:id:lily03:20160809135744j:plain

こちらはシールブックです。(スマホはサイズ確認用)


開けてみました。

f:id:lily03:20160809135737j:plain

上にシール台紙、下にシール。シールで男女の職員さんの着せ替えができます! 行先シールもついているのが面白いです。


シール台紙をこんなふうに立ち上げて、着せ替えを楽しめます。

f:id:lily03:20160809135739j:plain

機内のテーブルに置いて楽しめるのがいいですね。


ANA

都道府県トランプ(2015年12月 羽田ー熊本便)

f:id:lily03:20160601205243j:plain

f:id:lily03:20160602164430j:plain

県の形、県の位置、名産品などが楽しく覚えられるようになっています。出発地と行先の県の情報を確認できるし、機内でこれを使って遊ぶこともできます。実用的なおもちゃです。子供はまだトランプで遊べないので、しばらくしまっておくことにします。


飛行機の腕時計(2016年12月 羽田ー大分便)

f:id:lily03:20170119000548p:plain

これ、かなり楽しいおもちゃです。飛行機の文字盤がついた、ラバーの腕時計です。ただし当時2歳の子には大きすぎて、つけても時計がくるくる回ってしまいます。でも息子はすごく喜んでいました。



実際に時計として使えるわけではありませんが、文字盤を自由に動かして、時計のお勉強ができます。

f:id:lily03:20170119000612p:plain

かなりおすすめ!


ソラシドエア

次に、ソラシドエアです。ご存じない方も多いと思うのでちょっとだけ説明します。

ソラシドエアはLCCではなくフルサービスの航空会社です。主に羽田ー九州の路線しか就航していません。羽田―大分間のチケットをお探しなら、ソラシドエアが一番安いです。ANAのチケットを取ったとしても、共同運航便でソラシドエアの機材になることがあります。


ジグソーパズル(2016年 羽田ー大分便)

f:id:lily03:20160809135743j:plain

ポストカードサイズです。12ピースなので易しめ。


折り紙(2016年 羽田ー大分便)

f:id:lily03:20160809135734j:plain

f:id:lily03:20160809135733j:plain

中に入っているのは折り紙5枚です。折り方の解説付き。紙飛行機やキャビンアテンダントさんが作れるのが面白いです。


シール(2016年 羽田ー大分便)

f:id:lily03:20160809135741j:plain

ポストカードサイズのシールです。


開けると、ポストカード3枚とシールが一枚。

f:id:lily03:20160809135742j:plain

好きなようにシールを貼って楽しめます。未就園児だと、ソラシドエアでもらえるおもちゃの中でシールが一番遊びやすいと思います。


ペーパークラフト(2017年 羽田ー大分便)

f:id:lily03:20170506122854j:plain:w400

はさみ、のり、テープがいらないので、機内でも作れます。


細かい作業が多いので、大人でもちょっと手こずりました。完成品、かわいいです。

f:id:lily03:20170506122855j:plain


エバー航空

最後は海外編です。台湾の航空会社、エバー航空に搭乗した際にもらったおもちゃです。

消防車(2016年 成田ー台湾便)

f:id:lily03:20170119001046p:plain

箱がつぶれているのは持って帰る際につぶれたせいで、最初はきれいでした。プラスチック製なのでトミカのような安定感はありません。

これ、機内での時間つぶしに役立ってくれました! 息子はテーブルの上や飛行機のひじ掛けで消防車を走らせて遊んでいました。


まとめ

各航空会社が用意しているおもちゃの種類は3つくらいです。

・CAさんが選んだおもちゃを「よろしければどうぞ」と渡される(こちらに選択権なし)
・「○○と△△、どちらにしますか」と聞いてくれる
・カゴの中から好きなものを選ばせてくれる

いろんなパターンがあります。

ただし、いつもおもちゃがもらえるとは限りません。子供が寝ていたとき、機内が混雑しているときなどは、サービスを受けられないことがあります。

息子は綺麗な女の人が大好きなので、CAさんが通路を通るたびに、首を伸ばして見ています。そんな綺麗な人が自分のそばにやってきて、しかもおもちゃをくれた時には、息子の笑顔が3割増しくらいになります。母としてはとても助かっています!


※2017年1月情報更新