読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【仙台・岩手旅行記02】利休で本場の牛タンを食べよう!

f:id:lily03:20160623133458j:plain

満足度:★★★★☆(4.0)
肉厚でジューシーな牛タン。仙台に来たら必食のグルメです!

下調べをする暇がないまま仙台に来たので、有名な牛タン店「利休」さんに行くことにしました。ここにしておけば間違いがないだろうと思って。

予約などはしていなかったので、飛び込みです。金曜の夜、なんとか一席だけ空いていました!



まずは乾杯。夫はビール、私はノンアルコールカクテル。

f:id:lily03:20160623133503j:plain:w450

飲みながら、体の中からふつふつとエネルギーが湧いてくるのがわかりました。

今日の夕食は牛タン。しかも仙台で!

その非日常感にしびれました。ノンアルコールだけど酔いが回ったぐらいのテンションです。

抱っこひもの中の子供は、興味深そうに店内を眺めていました。隣の席の綺麗なお姉さんに話しかけられて、愛想をふりまいていました。本当に、女の人に対してはいつもニコニコな息子です。



メニュー。

f:id:lily03:20160623133457j:plain

お値段の張る「極」定食を横目に見つつ、ふつうの牛たん定食にしました。
↑上のメニューだと、載っている写真が1人前なのか1.5人前なのか分からないので、注文したときの写真を載せておきます。


実際に運ばれてきたのがこちら。

f:id:lily03:20160623135020j:plain

メニューの写真はたぶん1.5人前のほうです(笑)




f:id:lily03:20160623133501j:plain

牛タン様。プリップリです。

肉厚の牛タンなので、しっかり噛んでその食感と旨みを味わいます。口の中に幸せが広がって、あー、おいしい。一度、顎が疲れるまで牛タンを食べてみたいものです〜。



利休系列のお店のいいところは、麦飯とテールスープの量が気前がいいところ

f:id:lily03:20160623133459j:plain

麦飯は3杯分ぐらいあるし、テールスープも小丼にたっぷり注がれて出てきます。女性にはちょっと多いですが、男性にはこれぐらいがちょうど良さそうです。



こちらは牛タンの唐揚げ(500円)

f:id:lily03:20160623133500j:plain

珍しかったので頼んでみました。カリッとした皮の中身は牛タンです! 

揚げると、焼いて食べるよりもジューシーさはちょっとダウンです。カレー味だったので衣はピリ辛。他にも、おつまみになるような単品メニューがたくさんありました。



デザートは、期間限定のずんだアイスぜんざい(400円)

f:id:lily03:20160623133502j:plain

ずんだアイス、枝豆の粒が残っていて濃厚でした。牛タンのお店なのに、デザートまでしっかり楽しみました。


まずは牛タンとずんだ、二つの仙台名物を制覇です!


「利休」東口本店の情報

仙台駅は西口のほうが栄えています。こちらは逆の東口にある店舗で、仙台駅東口からは徒歩5〜6分ぐらいです(新幹線改札がある西口からだと徒歩10分ぐらいかかります)。宿泊ホテルから近いのでここにしました。

入ってから分かったのですが、東口本店は全面喫煙可でした。分煙の店舗も他にあるようなので、ノンスモーカーはそちらを選ぶといいかも。

今回の旅のスケジュール&目次はこちら:
lilytravel.hateblo.jp