読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【インターコンチネンタル東京ベイ】クラブフロア宿泊記(2)お部屋編

2015年04月【お台場】(0歳7ヶ月) 一泊一室25,000円~30,000円の宿 満足度:★★★★★(5.0) インターコンチネンタル東京ベイ

f:id:lily03:20160622232047j:plain

満足度:★★★★★(5.0)

インターコンチネンタル東京ベイのクラブフロア宿泊記、お部屋編です。

レインボーブリッジ側のお部屋とリバービューのお部屋がありますが、今回はリーズナブルなリバービューの方を選びました。


お部屋

f:id:lily03:20160622232041j:plain

ツインルームです。今回はお願いしませんでしたが、ベビーベッドは事前に申し込めば無料で設置してくれるそうです。



デスク周り。

f:id:lily03:20160622232050j:plain

ソファは2人座っても余裕があります。



ミネラルウォーターは無料でした。

f:id:lily03:20160622232049j:plain



リバービューの眺め

ちょうど正面に大きなビルが建っていて、景色を遮っています。それでもスカイツリーは見えました。肉眼だともう少し大きく見えます。

f:id:lily03:20160622232048j:plain:w450

私はホテルの中央付近に位置するお部屋だったのでこんな感じでしたが、端側のお部屋だとビルが邪魔しないかもしれません。



ビルから視線を外すと、こんな景色。すごく綺麗です。

f:id:lily03:20160622232103j:plain

なおクラブラウンジからは、逆側のレインボーブリッジ側の景色が見えます。


バスルーム

ゆっくり足を伸ばせるバスタブです。

f:id:lily03:20160622232042j:plain



バスソルトが置いてありましたので、使ってみました。いい香り〜!

f:id:lily03:20160622232044j:plain:w450



バスピローもありましたので、ゆっくり横になってお風呂につかりました。

f:id:lily03:20160622232045j:plain

バスルームでTVの音源を聞くこともできます。贅沢なお風呂でした〜。



シャワーブースは独立しています。

f:id:lily03:20160622232046j:plain:w450



アメニティ。

f:id:lily03:20160622232043j:plain

すべてAGRARIA(アグラリア)のものです。調べたら、米国のフレグランスブランドでした。インターコンチネンタル系列ではこれを採用しているのだとか。

香りはレモンバーベナでした。「カリブを連想させるレモンの香りと、仄かなローズとジャスミンの香りがフレッシュな爽快感をもたらします」だそうです。すごくすっきりしたいい香りで、気持ちがよかったです。



その他、ひととおりのものは揃っていました。

f:id:lily03:20160622232054j:plain

カミソリ、爪やすり、くし、歯ブラシ、ヘアゴム、シャワーキャップ、綿棒、コットン、ボディタオル。ボディタオルは、ホテルのアメニティとしては珍しいですよね。



タオルは今治タオルでした。

f:id:lily03:20160622232055j:plain

一日家以外の場所で過ごすことで、こんなにリフレッシュできるんだー、と感じた一日でした。場所が変わるだけで、いつもの授乳やおむつ替えも新鮮でした(笑) 

* * *

このホテルは港区の竹芝にあります。浜松町(羽田空港行きのモノレール始発駅)までシャトルバスが出ていますし、ゆりかもめ竹芝駅からも近いです。お台場に遊びに行くときのホテルとしておすすめです。


インターコンチネンタル東京ベイへのアクセス

(訪問当時の情報です)
交通アクセスゆりかもめ「竹芝」駅から徒歩2分ぐらい
山の手線/モノレール浜松町駅より徒歩8分
浜松町からは無料のシャトルバスあり(所要5分)
詳細は公式サイト参照
個人的満足度★★★★★(5.0)
(+)クラブラウンジの料理がおいしい
(+)部屋がきれいで、リッチな気分が味わえる
(+)お台場旅行におすすめ
(−)リバービューは部屋を選ばないと、ビルが目の前

同ホテルの関連記事はこちら:
lilytravel.hateblo.jp