君の手を離す日―子連れ旅行記編

2014年9月生まれの息子と行く家族旅行記を書いています。観光スポットや泊まったホテルを詳細にレポしています。旅行を検討されている方の参考になると嬉しいです。

【東京ディズニーランド】赤ちゃんも乗れるアトラクションの一覧

f:id:lily03:20160625205400j:plain

子連れでディズニーランドに行く場合、「どのアトラクションなら子供と一緒に乗れるのか」が気になりますよね。

オフィシャルサイトで調べた、赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクションを一覧にしてみました。
全部で23個あります。

ワールドバザールオムニバス
ディズニーギャラリー
ペニーアーケード
アドベンチャーランドウエスタンリバー鉄道
ジャングルクルーズ
スイスファミリー・ツリーハウス
魅惑のチキルーム
ウエスタンランドシューティングギャラリー
カントリーベア・シアター
蒸気船マークトウェイン号
トムソーヤ島いかだ
ファンタジーランドアリスのティーパーティー
イッツ・ア・スモールワールド
シンデレラのフェアリーテイル・ホール
ホーンテッドマンション
ミッキーのフィルハーマジック
トゥーンタウングーフィーのペイント&プレイハウス
チップとデールのツリーハウス
トゥーンパーク
ドナルドのボート
ミニーの家
トゥモローランドスティッチ・エンカウンター
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター


上記の23個は、「赤ちゃんでも乗れるアトラクション」です。
座れるようになれば、もう少し乗れる範囲が広がります。


以下の表で赤字で示したものが、増えた分です。全部で34個になりました。

ワールドバザールオムニバス
ディズニーギャラリー
ペニーアーケード
アドベンチャーランドウエスタンリバー鉄道
カリブの海賊
ジャングルクルーズ
スイスファミリー・ツリーハウス
魅惑のチキルーム
ウエスタンランドシューティングギャラリー
カントリーベア・シアター
蒸気船マークトウェイン号
トムソーヤ島いかだ
ファンタジーランドアリスのティーパーティー
イッツ・ア・スモールワールド
キャッスルカルーセル
白雪姫と七人のこびと

シンデレラのフェアリーテイル・ホール
空飛ぶダンボ
ピノキオの冒険旅行
ピーターパン空の旅
プーさんのハニーハント

ホーンテッドマンション
ミッキーのフィルハーマジック
トゥーンタウングーフィーのペイント&プレイハウス
チップとデールのツリーハウス
トゥーンパーク
ドナルドのボート
ミニーの家
ロジャーラビットのカートゥーンスピン
トゥモローランドグランドサーキット・レースウェイ
スタージェット
スティッチ・エンカウンター
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"

この増えた分のアトラクションには、注意書きがあります。

f:id:lily03:20160625205632j:plain

「補助なしで座れることが必要」と書かれています。


「補助なしで座れる」とあると、「お座りができたらOKになるのでは」と思ってしまいますが、必ずしもそうではありません。アトラクションによっては大きく揺れるものもあるので、お座り可能な1歳の子がすべての赤字のアトラクションに乗れるわけではないようです。

私はそこを勘違いして、1歳0か月の子を連れてプーさんのハニーハントにFPで乗ろうとしたところ、入口でキャストさんに質問されてしまいました。「このアトラクションは、急発進したり、大きくはずんだりしますが、それでもお子様は自立した姿勢を保っていられますか?」と。

「安全バーにつかまった状態ならできると思います」と言うと、「安全バーは大人がつかまれる高さに作ってありますので、お子様がつかまることは難しいです」とのこと。(私が聞いたキャストさんの談) このアトラクションにはシートベルトもありませんし、抱っこ搭乗もできないそうです。

その話を聞いて考えた結果、今回はハニーハントの搭乗をやめました。朝一番で取ったFP、無駄になりました(笑)

でも後でネットで検索してみたら、一歳前でも乗せたという人もいましたので、あとは子供の成長具合と、親の判断になるのかもしれません。


私は赤字の中だと、カリブの海賊キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)に乗りました。

カリブの海賊に並ぶときは、キャストさんから「抱っこひもをはずして乗ってください」としか言われませんでした。途中、ヒューっと落ちるところがありますが、そこは私も息子の腰をがっちり手で支えました。息子は一度も泣きませんでした。(ただし暗闇を進むのと、大砲の音がドーン!ドーン!と響くので、お子さんによっては怖がる可能性もあります)

キャッスルカルーセルは、外側の一列が二人乗りになっています。息子を前にして二人で乗りました。安全ベルトもありますが、後ろから大人が常に支えている必要があります。

1歳なりたての子と一緒にランドに行く場合は、「赤ちゃんOK」の23個のアトラクションを中心に、パレードやショーを見ると間違いないかもしれません。赤字のアトラクションの中では、キャッスルカルーセルは特におすすめです。



1歳0か月の子が実際に乗ったアトラクションの紹介と、息子の反応については次の記事で。